家族みんなで節電対策を行いながらも 無理せず快適に過ごしましょう!

2012年07月01日

節電対策をしながら電化製品を使おう!

節電対策をこまめにしようと思い
家の中を見渡してみると、
あらゆるところに電化製品があることがわかります。

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、炊飯器。
さらに食器洗浄機や乾燥機、クーラー、扇風機などの
電化製品に支えられて生活しています。

また、2台目、3台目のテレビが活躍しているところもあることでしょう。


電化製品は、
使わなくてもコンセントにプラグを差し込んでいるだけで
待機電力を使用します。


ですから、節電対策をするなら
使わない電化製品のプラグをこまめに抜くことから始めましょう。

案外、
コンセントに入れっぱなしの電化製品が多いと思います。

しょっちゅう抜いたり入れたりが大変という場合は、
節電タップを利用しましょう。


これは節電対策のためのグッズで、スイッチがついているコードです。

使わないコンセントのスイッチを切ることで節電対策になります。


また、
電化製品の使い方を工夫することで節電対策ができます。


例えば
炊飯器はまとめて炊飯し、ラップで小分けをします。
そして冷めたら冷凍庫で保存します。

こうすることで 炊飯器の保温の待機電力を抑えることができます。

古い電化製品は、
最近の省エネタイプの電化製品に買い替えることも
節電対策として有効な方法です。

他にも、
冷蔵庫の開け閉めは素早くしたり、入浴は家族が続けて入ったり、
ちょっとした工夫と心がけで節電になります。


今年の夏は、いつも以上に節電対策を意識しなくてはいけなくなりそうです。

無理をせず、
工夫しながら楽しく節電対策を行っていきましょう。





posted by 節電対策のプロ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 節電対策 電化製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。